『その他』

system_disk_clone.jpg

Acronis True Image 2019 (ATI2019) でシステムディスクのクローンを作成して移行しました。
直接クローン作成ではなく、別の HDD にシステムディスクのバックアップを取ってから、SSD にレストアしています。

※ ATI2019 では、システムディスクのクローンを作成する場合、ディスクのロックが必要に成るので、最悪現在のシステムが起動しなく成る可能性があるらしく、クローンは推奨していないみたいです。
universal_mobile_keyboard.jpg

iPad 用に購入
カナタイパー(謎)の私に取って、死活問題と言える、カナと英数キーが使える!
というので購入しました。
それはいい、というか素晴らしいんですが、「゜」「ー」「ろ」「へ」が表記と違うのはどうにも成らないんだろうか? (^^;;
いまだに、カナキーボードを求める人に、「へ」「Shift+゜」「Shift+け」「Shift+む」と読み替えろって?
それなら、素直にローマ字入力するよ。
やっぱり、マトモにカナ入力出来るのは、Apple Keyboard しか無いのかな?

ちなみに、Mac は対応機種に入っていないですが、Mac に繋ぐと、表記通り問題無く打てます。
ただ、デスクトップでこれを使うのは...
そういや、ここんとこ、業務関連の話題がありません。
少し余裕が出来て、そもそも自分でなんとかすればいいじゃんと考えるように成っちゃって、結局書く事が無く成ったんですよね。

必要があれば、とりあえず買う
稟議に掛けたりするから、○○はわかってないとか成っちゃう訳で、それで結果が出れば堂々と会社に請求すればいいじゃん。
そうでないなら、自分が間違っていた訳で、自己負担は当たり前ですよね。
失敗しても、自分への投資と考えれば腹も立たない。
ただ、会社に取ってそれがいいのか?って成るとどうかな?とは思いますが...

例えば、セールスしかやった事が無い人は、知識があって口が巧いと売れると思うんですよね。
でも実際は、ハードに興味をもって、勉強の為に、何でも買って使ってみないとわからない事の方が多い。
そこが実績なんじゃないかな?
通り一遍の事は、ネットでググればすぐ出て来るのでクライアントは意外に心配しないけど、肝心の問題が解決出来るかどうかは経験というかセンスというか匂いでわかるんですよね。
あーこりゃダメだなーと思うと、セールストークより先には進まない。
自分の物欲が満たされちゃうと、会社は設備投資して勉強する機会を奪われちゃう訳です。
そうなると、誰も成長しないというか、セールス主導で不必要な部分に投資して負のスパイラルが始まっちゃう。
うーん。どうすりゃいいんだ。(^^;;

あと、私物で囲っていると、技術の抱え込みだと批判される事があります。
何度も書くけど、ドキュメントとソースコードが会社の財産って考え方は随分昔に破綻していると思う。
イマドキ、帳票メインの基幹ソフトなんてそれこそ、標準化して Web サービスを組み合わせればなんとか成るよね。
昔はソフトウェアベンダー毎にフレームワークがあって、それのカスタマイズや保守が誰でも行えるようにノウハウを蓄積、マニュアル化して行ったから、それが大切だった。
今は、その部分はもう開発やめて、もっとクリエイティブな部分に労力を使おうよって事で、オープンソースや業務特化のフレームワークを使うように成ったんですよね。
その部分でノウハウの蓄積なんてそもそも無いのでは?

クリエイティブな要素が増えれば、大切な部分は、ノウハウ化出来ない、個人の資質に成って来ます。
やりかた教えても、センスとか、論理的な思考なんてのは、一石二鳥になんとか成ったりしないし、そんなに長く会社に留まってくれる人も居ない。
そもそも、常に3本は掛け持ちで開発しているような状態で、手取り足取り次世代に繋ぐ努力なんて出来るわけないんですが... orz

LCD-M4K401XVB が壊れました

| コメント(0)
購入して約半年、いきなり画面がチラチラしたなと思ったら、真っ黒に、数秒後に復帰したのはいいんですが、20分置きに繰り返すように成りました。
MiniDP は、PC / EDID を稀に(数時間に一度)見失う現象があるので、ケーブルを高価なものに替えたり、PC をリセットしたり、モニターの設定を変えてみたりしたのですが、どれもダメでした。
サポートに連絡入れると、やはり故障の可能性が高いらしい。
修理に2週間くらい掛かるので、その間どうするか?
今更、FHD モニターには戻れないし、仕方ないので、LCD-M4K401XVB をもう1台購入する事にしました。
Philips (LG) の OEM だと思うので、故障はある程度予想していました。
韓国製が安くスタイリッシュだというのは、不良率が低い (=検査が適当)、デザインにコストを掛けない (=耐久性等を度外視) って事なんですよね。
それでも国内品 (I-O DATA) を購入したのはサポートに期待したからなので、ある意味予想通りなんだけど、出来ればこういう予想は外れて欲しかったです。orz

※ もうすぐ3週間ですが、まだ何の連絡もない・・・ 2016/07/06 追記

I-O DATA でモニターの修理を出すと、3週間超は覚悟しないといけないそうで、仕事用のマシンは有償のデリバリィ保守サービスに加入を超お勧めします。
(I-O DATA のサイトから購入可能で、7,000円 / 5年間と比較的リーズナブル。但し購入後2ヶ月以内に加入が必要)
iiyama (mouse) でも修理に出した事あるけど、アフターサービスは iiyama の方が良かったなぁ。
問い合わせのメールしても定型文しか帰って来ないなんて事も無かったし。
まぁ、そうなんですけどね。(/_;
色々問題有りますよ。履歴詐称と迄はいかないかも知れないけど、立派な履歴書見て、この人なら出来る...と思っても、8割の人は素人以下で研修期間が終わる頃には次の転職先が決まっていたりします。
残り2割の人はなんとか研修中に出来る仕事を見つけて、もう少し長く留まってくれますが、肝心のソフト開発要員は全く増えない。

結局、"仕様の策定から、開発、テスト・デバグ、サポート迄1人でやる" 事に成る。
いくら、チームワークで効率や速度をアップしたいと思っても、結局社内下請けに成ってしまう。
当初は、なんとかしてとか言ってますが、なんとも成らないんで、いよいよ孤立したりして。

でも、逆説的ですが、普通に、7割のプロジェクトが頓挫する中では、人材は失敗要因の1つに過ぎないんですよ。
確かに小さくない問題なんですが、一人でもマトモなエンジニアが居れば、納期が伸びるだけで、開発リスクとしては些細なヘッジ出来る問題でもあります。
ただ、8割の詐欺的人材に掛かるコスト以外にも、プログラマーに全部やらせたら、実質開発期間は伸びる (コストが上がる) ので、開発費が高騰しますが... :-)
そこを改善しようにも、下流からいくら言っても、解決しません。
というか、立場が違うと見え方が変わるみたい。

新人が仕事出来ない = 優秀な人材が増えているのに、大きな仕事が出来ないのは協調性が無いからだろ?
デタラメな要求仕様書+余計な仕事させすぎ = 工数の見積もりが甘くて予想外に時間が掛かっただけでは?

やはり、品質を上げるには数少ないエンジニアが上流から下流迄全ての場面でスキルを上げるしか方法が無いかも。
結局、自分でやる方が楽っちゃあ楽だし。(^^;;
あとは、実績を積んで、きちんと要件定義やテスト・デバグが出来る会社と組んで仕事するとかかな?

「巨大化した「詐欺的」IT業界が、国民の生命や社会・経済を破壊する危険が現実味

.AppleDouble

| コメント(0)
AppleDouble って、2種類あって、1つは MIME のタイプ。(multipart/appledouble)
メールの添付書類等を1つに纏める形式ですね。
もう1つは、外部、HDD や、NAS に、HFS 以外のフォーマットのボリュームに書き込む際に、リソースフォークを保存するフォーマット。
あと、2.0 以前の netatalk が、リソースフォークを保存する際にも利用します。

イマドキの、Mac 対応 NAS は、bonjour に対応していますので、IP アドレスなんてどうなっていても、Mac からは、簡単に探せる。
これは、AFP なんで、".AppleDouble" は見えない。
でも、bonjour 非対応の NAS は、MacOS のバージョンによって、優先されるプロトコルが違って、MacOS 10.8 以降では、
SMB2.0 → AFP → SMB1.0(CIFS) の順に成ります。

古い NAS (netatalk も古い) は、CIFS より、AFP が優先されるので、問題無い...筈なんですが、Mac の、SMB2.0 の実装は、samba と相性が悪い事があるみたいで、CIFS を最優先にする設定にしてしまっているユーザーも多い。
それで何が起こるかっていうと、Carbon アプリから、ネイティブアプリに移行すると突然、".AppleDouble" フォルダが見えちゃうんですよ。
見えるだけなら、別に弊害は無いんですが、これ何だろ?ってクリックする。
中には、拡張子が同じファイルがあるから、更に開く、すると当然アプリがクラッシュする訳です。(/_;

アプリがクラッシュする→サポートに連絡→フォルダを選択したらクラッシュしたみたいなんで直して欲しい→開発で再現しない(*1,*2,*3)→無限ループ

*1. "." で始まるファイルは、まず通常は触らない。(問題が起きた時だけ)
*2. NAS のファームを古いまま使うなんて事は無い。
*3. デバグを容易にする為、初期設定(nsmb.conf 等)を弄って特殊な環境にする事は避ける。

サポートもスキルが大切だよね。(^^;;
まぁ、それはおいといて、効率アップは、NAS 使うのが当たり前〜みたいな風潮があるけど、NAS くらい使う側のスキルが求められるものは無いんじゃないかな?
使うな!とは言わないけど、少なくともおかしな事が起きない、DropBox や、GitHub、iCloud とかも検討した方がいいかも。
今や、ローカルストレージの方が 10〜30 倍以上早いんだし、フォルダの同期サービス等で済むならそちらの方がいいですね。

スキルの穴を埋める!

| コメント(0)
明けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。m(__)m

今年の目標は、「スキルの穴を埋める!
昨年は、Java サーブレットだけじゃなくて、PHP サーバとの連携も概ねマスターしました。
勿論、JSON 形式のパーサも含めて MacOS, Win の基本 API だけで、全て書くスタイル (プラグインは基本C言語なので仕方ない) は変わらず。(^^;;
これで、サーバ側の開発負担をかなり軽減する事が可能に成ったのではないかと思います。

少し前迄は、SQL Server インスタンスへの直接通信が求められていたのですが、プラグイン側の開発負担が大きいだけじゃなくて、基幹ソフトのカスタマイズも必要に成って来るとか、色んな要因で話題には上るけど、なかなか実現出来なかった。
開発リスク以外に、セキュリティ上の問題もありますし、やっぱりムリかな?というのが多かったのですが、これからは、ガンガンサーバと連携するアプリを提案出来そうです。

今年は、GPU を利用した、並列処理かな?
モンテカルロ法も限界に来ているので、もう少し効率が良い方法 (開発期間も含めて) をマスターしないと先が無いんですよね。
かなり切羽詰まっているのでなんとかしたいです。

IT 業界はヲタクを雇いたい

| コメント(0)
ヲタクと、非ヲタクって区別自体おかしいんじゃないかな?
少なくとも3つ、ヲタク、ヲタク以下、ヲタク以上じゃないかと思います。
ヲタク以上っていうのが、要するに総合的な人材(エリート)なんだけど、中小企業にそんな人が来てくれる筈無いし、必然的に技術者はヲタク揃いに成っちゃう。(^^;;
でも、市場をリサーチして、ユーザーが真に求めているものを提供しろって言われても、リソースが無い中小企業にはそもそも作れないし、売れないですよね。
無い物ねだりで嘆くより、あるもので勝負した方がいいと私は思いますよ〜

あと、協調性ってみんな仲良くだと勘違いしている人居るよね。
チームワークってみんな仲良くって意味じゃないよ。
確かに士気も大切だけど、面倒な仕事を全部ヲタクに任せてたら、不満が出るのは当たり前なんじゃないかな?
協調性が無いと感じるのは、もはや何言ってるかわからないレベル迄任せきっているだけだったりして。
チームワークが良い会社は、自然と業績が伸びる筈ですよね。
スキルレベルにムラがあるから、噛み合ないんだし、そこで不満が出るのを単純に協調性の問題にしちゃうから何も解決しないのでは?

マネーの虎で高橋がなり社長(年商60億円))が語った「オタクを雇ってはいけない理由」が物凄い説得力

「オタクが欲しい」――採用担当が明かす本音 

ただ、ヲタクが感情で動くというのは、ひょっとしたらあるかも。
確かに、好きな仕事しかしてないし...
他人にもそれを求めるけど、多くの人は好きでもない仕事を我慢してやっているんだから、本来やりたい事を我慢して付き合っている=遺失利益は、ヲタクの非じゃない。
押し付けられた方に取っては、たまらないですよね。
(ブラックだし、パワハラだと解釈される可能性が高い)

ヲタクはみんなそうだとは言わないけど、何かに拘るってアスペルガー的な要素が強いと思う。
私は、少しくらいなら適材適所で異常だとは思わないけど、一般的な認識ではアスペルガーは心療内科で治療すべき病気です。(^^;;
という事は、ヲタクが認識する以上に、マイノリティーなのでは?
そこを意識して、従業員が "そこそこ仕事してくれたら何とか成る" ようなビジネスモデルを作らないといけないって事かな?
まぁ、わからなくは無いけど...やっぱり分からないかも。
そんな中途半端なスキルに誰がお金払うの? :-)
まぁ、最終的にはそうなんですが、普通は途中にデバッガさんと呼ばれるテストチームが居ます。
ソフトウェアの品質というのは、デバグの品質と言ってもいいくらい重要で、テストケースをうまく作れるデバッガさんが入ってくれるとデバグ作業もとても楽に成ります。

これが大きく分けて、エンドユーザーに近い場合と、上流工程に組み込まれる場合の2種類あります。
上流工程っていうのは、中小のソフトハウスの場合は要するに元請けです。
元請けがテストしてくれる場合は、普通はSEも兼ねてくれるので、融通が利かないのと、時間が掛かる事が多い以外は大体問題ありません。
エンドユーザーの場合も、大抵実際の作業に準じたテストを行ってもらえるので、網羅的なものには成りませんが、素早く実践的なソフトを作りやすい。
問題なのは、どちらにも専門家が居ない時ですね。(当然、SEも素人)
これが無さそうであるんですよ。
当たり前ですが、デバグ作業は、かなりカオスです。(^^;;

ただ、こういう仕事の場合は、正直、みんな疲弊するので、評価は低いけど、結局、技術的な問題ではなく、最適な仕様がわからないだけなので、時間を掛ければなんとか成ります。
問題は、時間が掛かりすぎるので儲からないって事くらいで・・・

本来、アプリ開発はチームでやるべきものです。
プログラマーが一人で孤軍奮闘するものじゃない。
品質、効率アップも一人じゃ限界があるので、上流→下流工程といった大げさなものじゃなくても、各工程で少し確認作業を増やすとか、問題点をわかりやすく書くとか少し手間を掛けてもらえると、とてもとても助かります。orz
中小のソフトハウスが安定化するマイルストーンみたいな感じなんですが、これって意外に難しいですよ〜
業務用ソフトで得たスキルを、パッケージソフト開発で生かす事は出来るかも知れない。
でもそれを売れるか?っていうと売る方にもスキルが無いとそんな良くわからないソフト誰が買うねん?って話に成ります。
そもそも説明も出来ないソフトを飛び込みで営業しろって方がムリです。

そうすると、どうしても営業の方のスキルレベルに応じた、ソフトを開発しなくちゃならなく成る。
それって既にブルーオーシャンじゃ無いんですよね。
それじゃ成功する見込みは殆どありません。(^^;;

やはりムリしてでも、薄利多売の一般ソフトではなく、専門的な得意分野を生かしたソフトを作るべきです。
でもそれには、SEや営業の方の理解が必須で、相当努力してもらわないと、難しい。
それって、文系の方にいきなり理系に転向しろっていう事なんだけど、そもそも言語が違うみたいで全く伝わりません。

せめて、マンパワーよりマシンパワーって世界なので、ハードに興味を持って欲しい。
とりあえず、そこからかな?

開発コストについて

| コメント(0)
開発コストって、大部分、プログラマーに払う賃金です。
それ以外の、聞き取りや打ち合わせ営業等にも勿論費用は掛かるんですが、それはシステム開発費用の 20% 〜 30% (多くて)くらい。
でも実際は、打ち合わせの方が非常に多く成って、開発期間が極小 (打ち合わせに2ヶ月以上、開発は1週間とか) の事も多いんですよ〜

フレームワークの弊害

| コメント(0)
フレームワーク何使ってますか?
Tomcat? Ruby on Rails? Web プログラマーなら使えて当たり前なんだと思うし、ゴリゴリ一から書くなんてあり得ないですよね。
私も良く聞かれるのですが、プラグインの場合は、フレームワーク使っている人の方が少ないんじゃないかな?

大抵 C 言語で、GPL ライブラリも使ってないですよって言うと、呆れられるというか、非効率、非生産性、信頼性の低さ、パフォーマンスの悪さを指摘され怒られます。(^^;;

儲からない仕様書

| コメント(0)
frequently_used_tool.jpg

仕様書っていうのは、クライアントのご要望をその侭書けばいいわけじゃない。
きちんとクリティカルパスが解消出来るように、*実現可能な範囲**具体的に* 書くべきなんですね。
クライアントは素人なんだから、UI に凝りたがるのは当たり前だけど、その UI がどれだけコストが掛かるかまず検証しないといけないと思いますよ。
garage_cable_tray_(L)YY-WDCTL.jpg

IKEA の巨大なケーブルボックスから、Garage ケーブルトレー (L)YY-WDCTL に変更しました。
ケーブルボックスって見た目はきれいに成るけど、足下邪魔じゃないかな?
こんなありさまだと、汎用のケーブルトレーだと載らないし、かといって事務机のオプションは論外です。
IKEA でも同じようなケーブルオーガナイザーあるけど、机に穴開けちゃうのは...
これいいですよ。結構がっしりしてて安心感もあるし。(^^;;

挑戦するチャレンジャー?

| コメント(0)
productivity.png

スキルアップについては、新規分野に果敢に挑むチャレンジャー精神溢れる職場なので、OK。
設備投資も、BYOD で技術者自身に負担させるという斬新?な方法で、概ねOK。

About This Article

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはCocoaです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04