KY72-1(Kuman), LY10-1(Longruner) 使ってみた - 3

| コメント(0)
ky72_ly10_quadruped2.jpg

Raspberry pi3 のケーブル替えました。
ルートアールの、RC-UHCM06R2 というやつです。
これ間違いなく定番で、確実に動作はするんですが、Micro USB プラグが抜けやすいんですよね。
仕方ないので、プラパンで簡単な治具作ってネジ止めしています。
Micro USB で、3A なんて、規格外の仕様になんでしたのかな?
最初のバージョンは、USB の規格 (0.5A) に収まっていたけど、段々増えた? (^^;;
ky72_ly10_quadruped2_omote.jpg

表面のレイアウト。
左上の四角いのは、ジャンクションボックスというやつです。
結線の保護+見た目もすっきり。

ky72_ly10_quadruped2_ura.jpg

裏面。
ケーブルを噛まないように、少し纏めました。
それと、フレームを、4mm厚のアルミ板に変更しています。
他は、アクリル版を切ったり、OSOYOO  のボードを加工したり。

コメントする

About This Post

このページは、N,Uが2017年12月31日 08:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「KY72-1(Kuman), LY10-1(Longruner) 使ってみた - 2」です。

次のブログ記事は「EX-LD4K491DB (IODATA)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04