CentOS で、yum update が 404: Not Found に...

| コメント(0)
3/31 にRed Hat Enterprise Linux 5 シリーズのサポートが終了したらしい。
古いバージョンなので、いつかは成るだろうなと思っていたけど、こんな突然とは... (/_;
リポジトリサイトに readme があったので読んでみる。

This directory (and version of CentOS) is deprecated.  For normal users,
you should use /5/ and not /5.1/ in your path. Please see this FAQ
concerning the CentOS release scheme:

https://wiki.centos.org/FAQ/General

If you know what you are doing, and absolutely want to remain at the 5.1
level, go to http://vault.centos.org/ for packages.

このディレクトリ(およびCentOSのバージョン)は非推奨だから、ノーマルなユーザーは、5 ではなく、5.1 を使った方がいいよ。
どうしても 5.1 を残したいなら、http://vault.centos.org/ を参照しろ。

どうやら、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.rpeo を書き換えたらなんとか成るみたい。
簡単に書くと、

    1. mirrorlist は使えなく成るので、コメントアウトする
    2. baseurl のコメントアウトを外して、mirror.centos.org を、vault.centos.org に書き換える

これでいいらしいのですが、http://vault.centos.org/centos/5/ なんてフォルダーはない。
6.0 以前は、http://mirror.centos.org/centos/$releasever/ の部分を、http://vault.centos.org/$releasever/ と書けばいいみたい。
やってみました。

Not using downloaded repomd.xml because it is older than what we have:
Current   : Sat Nov  24 18:22:51 2007
Downloaded: Mon Sep  22 14:02:45 2014

どうやら違う場所を参照しているみたい。
$releasever = "5" と成っているような...
http://vault.centos.org/5.11/ と書き直しました。(うちの CentOS のバージョンは 5.11)

# CentOS-Base.repo
#
# The mirror system uses the connecting IP address of the client and the
# update status of each mirror to pick mirrors that are updated to and
# geographically close to the client.  You should use this for CentOS updates
# unless you are manually picking other mirrors.
#
# If the mirrorlist= does not work for you, as a fall back you can try the 
# remarked out baseurl= line instead.
#
#

[base]
name=CentOS-$releasever - Base
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#released updates 
[updates]
name=CentOS-$releasever - Updates
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#additional packages that may be useful
[extras]
name=CentOS-$releasever - Extras
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/extras/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#additional packages that extend functionality of existing packages
[centosplus]
name=CentOS-$releasever - Plus
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5

#contrib - packages by Centos Users
[contrib]
name=CentOS-$releasever - Contrib
#mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/contrib/$basearch/
baseurl=http://vault.centos.org/5.11/contrib/$basearch/
gpgcheck=1
enabled=0
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
こんな感じ。
yum update も問題無く行われた。

# yum update
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
base                                                                         | 1.1 kB     00:00     
extras                                                                       | 2.1 kB     00:00     
updates                                                                      | 1.9 kB     00:00     
Setting up Update Process
No Packages marked for Update

とりあえずこれで、脆弱性の中でも致命的なものは、今後もアップデートが提供される可能性があるんだとか。
Win, Mac でもメジャーアッブデートは大変だけど、Linux の場合は、親切なアップデートツール等は用意されない。
基本的には新しいサーバを用意してセットアップした後に環境を移行するものだと思う。
うまく動けばすぐ移行出来るけど、大抵は2,3日掛かるので、どうしても先延ばしにしちゃうんですよね。ダメだけど。:-)

コメントする

About This Post

このページは、N,Uが2017年4月 6日 22:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「P42-XP03 の HDD 交換しました」です。

次のブログ記事は「Universal Mobile Keyboard (Microsoft) もやっぱり...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04