スマートメールボックスが空だ!検索出来ない!ゴミ箱が無くなった! (Apple Mail)

| コメント(0)
アクティビティモニターを開いて、mds_stores の、CPU が、100% だったら、すべて、Spotlight の不具合らしい。
Spotlight の検索結果がかねてから怪しかったので、"mdutil -E /" してから、24 時間くらい放置
何時迄経っても終わりそうにないので、再起動すると直った。
気のせいか、Spotlight の検索結果も少しマシに成った気がする。

mds_stores は良くハングアップするらしい。
その場合は、CPU が、100% 以上に成る事が特徴なんだけど、4 コア以上の CPU だと、1 コアくらい常に占有されていても少し遅く成ったな程度で、気付かないよね。
MacOS インストール後すぐは mds_stores が頑張っている事が多いので、必ずしもハングアップとは限らないし。
概ねインデックスの作成が終わるくらい放置してから、再起動するのがいいんじゃないだろうか?
これくらい放置後だと、もしまだ残っていても、今度はバックグラウンドで静かに処理してくれる筈。:-)

Spotlight 停止すると、Apple Mail の主要な機能が停止するって仕様どうなんだろ?
Spotlight は、特定のボリュームやフォルダを検索対象から除外出来るので、システムボリュームやシステムフォルダを除外にする事多いと思うんだけど、そうすると、Mail の検索も出来なく成る。
せめて deny だけじゃなくて、allow も記述出来るといいのに。

コメントする

About This Post

このページは、N,Uが2017年3月 6日 08:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BY35S バッテリー交換」です。

次のブログ記事は「積水ハウスリフォームで、本棚作ってもらいました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04