P42-XP03 の HDD 交換しました

| コメント(0)
もう生産終了して随分経つ HITACHI の、P42-XP03 ですが、内蔵 HDD が時々読み込みエラーに成るので交換しました。
交換手順を忘れそうなんでメモ。
※ 全て Web を検索すると出て来ました。
必要なもの。

1. iVDR-S カセット (M-VDRS1T.E.BK.K 等 1TB 以下)
2. トルクスの T3 ドライバー (ANEX の No.3602 とか)

iVDR-S カセットを、分解して中身を取り出す。
P42-XP03 のバックパネルを外して、HDD を交換 (ネジは多いですが簡単です)

メンテナンスモードで HDD の初期化 (シリアルクリヤー) を行う。
これは必要ないかも。

メニュー → 画面表示 → 3 → 青 → 7 → 決定
※ リモコンのボタンを2秒以内で続けて押す

通常メンテナンスモード → HDD → 初期化 → シリアルクリヤー

ここで一旦 TV の電源を OFF にして、電源ケーブルを抜いて少し放置してから、再度 ON
HDD 認証コマンドで初期化

録画モード残量 → d → 1 → 0 → 決定
※ HDD 認証準備と表示される
BS → メニュー → 5
※ HDD シリアルクリヤ OK が表示される

ここで一旦 TV の電源を OFF にして、電源ケーブルを抜いて少し放置してから、再度 ON

メニュー→各種設定→初期設定→ディスク設定→内蔵 HDD 初期化

通常メンテナンスコードは非公開なんだと思うけど、HDD の交換くらいユーザーが行ってもいいいんじゃないだろうか?
特に iVDR は、HDD 自体に著作権保護機能を持ってて、特別な HDD しか換装出来ないし。
ただ、TV に限らず家電は分解すると危険な箇所もあるし、下手すると感電・発火の可能性もあるので、くれぐれも自己責任でお願いします。
愛着のある製品を少しでも長く使い続けたい気持ちはわかるけど、保証期間の切れた製品を使い続けるリスクを考慮すると、決してお勧め出来ない、というか、定期的に買い替える方が良いと思う。(^^;;

コメントする

About This Post

このページは、N,Uが2017年3月15日 06:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「積水ハウスリフォームで、本棚作ってもらいました」です。

次のブログ記事は「CentOS で、yum update が 404: Not Found に...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04