2015年1月アーカイブ

gw2.5us-su3_asm1153e.jpg

玄人志向の GW2.5US という、HDD/SSD ケースが、ASMedia 最新の usb3.0 ブリッジチップ、ASM1153E を使っているという事で、こちらも、IYH してしまいました。(^^;;
結果は、...ある程度想像はしていたのですが、ASM1053E とあんまし変わらなかった。

※ こちらは、MacOS Mavericks (10.9.5) でも、スリープ時にアンマウントされてしまう事はありませんでした。
おそらく、USB バスパワーのみで、ややこしいECOモード (未使用時自動停止)  機能が必要ないからだと思います。
本来は作りの良い黒角(OWL-ESL35S/U3)を使いたかったのですが、結局こちらをメインに使っております。
(2015/02/14 追記)
size_mismatch_owl_esl35s.jpgowl_esl35s.jpg

MacPro 用に、USB3.0 の外付け SSD を検討していたのですが、4K(QD32) が低いどうしようか?
色々ググってみると、どうやら、ASM1053E を使ったものなら、かなりハイパフォーマンスを見込めそうという事で、黒角にしました。(ASM1053 の右下の方に E の刻印がある)
ただ、ESL25S/U3 を発注したつもりが間違えて、ESL35S/U3 発注してしまって、こんな有様です。orz

※ MacOS Mavericks (10.9.5) では、スリープ時にアンマウントされてしまう不具合があります。
おそらく、ECOモード (未使用時自動停止) の影響だと思いますが、残念ながら Mac 用としては少し使い辛いです。
(2015/02/14 追記)
本年もよろしくお願いします。

aira_flow_optimization.jpg

V1000W に換装したついでに中段の 3.5inch ベイを取っ払って、エアフローを改善しました。
ケース自体が負圧設計なので、実際は、そんなに変わらないと思うのですが... (^^;;

環境的には追い風でとても嬉しい反面、業務拡大圧力は常にあります。
そこは、何もしていない訳ではないのですが、なかなかうまくいかない。
IT 技術者は練度で生産性が数十倍も変わってしまいますので、開発人員増やしてもコストに見合う効果はなかなか出辛い。
そこはしょうがないと思うのですが、現実問題、我々の規模だと、数十分の一の生産性で間に合う仕事って多くない(っていうか全く無い)んですよね。

Some lesser-known truths about programming | Dot Mac

プログラミングに関するあまり知られていない7つの真実 (上の和訳です)

About This Article

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04