2014年9月アーカイブ

W3U1600HQ-4G

| コメント(0)
w3u1600hq-4g.jpg

少し前に開発用の PC をリプレースしたんですが、アッパーミドルクラスでそこそこの性能でも昔に比べると随分安いです。
でも、数年も持たないんですよ~半年で型遅れに成っちゃいました。orz

仕方ないので...という訳でもないのですが、メモリーを増設。
メモリーは、メインストリームを外れてもなくなる事はないけど途端に高価に成る。(/_;
あとは、マルチ GPU (R9 280X × 2) を試してみたい!
これもディスコン前になんとかしたいけど、間にあうかな? 
extension_alert.jpg

iTunes 11.4 のアップデートを行うとこんなエラーが... (^^;;
サードパーティ製の USB Ethernet アダプタなんて利用していないので、一寸びっくりしたのですが、ソフトウェアアップデートのバグ みたいです。
リンク先には、すぐ改訂版が出るような事も書いてあるので、iPhone で USB テザリングとか使っている人はもう少し待ってからアップデートしませう。
デバイスマネージャを開くと、USB ハブに黄色の!マークが...
詳細を開くと、

USB ハブをリセットできませんでした。
問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。(コード43)

USB デバイスを外して、PC を再起動しても結果は変わらなかったので、M/B の故障かな?
と思ったのですが、シャットダウン後、主電源を OFFにして暫く待ってから起動すると正常に戻った。
KVM の切り替えなどで、稀に USB がハングアップする事があるみたい。
もう一寸で、M/B の予備をポチッとする所だった。(^^;;
Mini displayport → DVI アダプタには2種類の規格、アクティブアダプタと、パッシブアダプタがあって、
安価なパッシブアダプタでは、トリプルディスプレイを構成出来ない事があるらしいです。


アクティブアダプタの違いは、信号変換行わず、パススルーらしいのですが、DVI の場合は、どちらもデジタル信号なので、どこが違うのか良くわからないですね。
実際、パッシブアダプタでも動作しますし。(^^;;

そういや、Apple のアクティブアダプタ(Apple Mini DisplayPort - Dual-Link DVI アダプタ)は、USB による給電が必要なのですが、USB 給電は必ずしも必要無いそうです。
Single-Link の製品でわりと簡素なタイプもあります。

Sapphire Active Mini DisplayPort to Single-Link DVI Adapter 44000-03-40R【並行輸入品】

アクティブタイプディスプレイポート変換アダプタ (※ 2014/09/04 追記)

About This Article

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04