2014年7月アーカイブ

ドット抜けがありました

| コメント(0)
defective_pixel.jpg

IIYAMA モニター4台目 (ProLite XB2783HSU) で初めて、ドット抜けを発見しました。これがドット抜けかぁ。(/_;
普段は気に成らないのですが、ピクセル単位のエラーチェックでエラーに成らない黒点が...
ゴミかな?と擦っても取れない。
あぁ〜これかぁ!という感じです。orz
奇跡を信じて、稀にドット抜けが消える...と言われている GIF を暫く表示してみます。

ipad2 デジタイザ交換

| コメント(0)
ipad2_digitizer_repair01.jpg

ipad2 を落とした後で、スリープボタンを押すと一瞬画面は灯くけど、すぐ消えて全く使えない状態に成りました。
もう3年くらい使ったので、修理に出すという選択肢はありませんでした。
でも無いと不便なので、ダメ元で開腹してみる事に。
手元にあったのは普通のドライヤーに、Mac mini を開腹するのに使ったスクレイパーと精密ドライバーだけ。
なんとか成るかと思ったのですが...甘かった。
prolite_xb2783hsu_b1_01.jpg

ProLite B2712HDS が死亡したので、iiyama で唯一の 27inch ビジネスモデル  (XB2783HSU-B1) を購入しました。
1番の特徴は、日本製だという事、2番目は、視野角、応答速度が IPS と遜色無いという事だと思います。
3番目は、開発に取って大切な、KVM (RATOC REX430UDA) に対応している事ですね。
あとは、モニターの枠がテカテカしていないメーカーロゴが控えめVESA に対応しているくらいかな?
epson_px-504a.jpg

Brother の、DCP-595CN が故障したので、EPSON の PX-504A を購入しました。
短期間での選択なので、十分に検討したとは言えないのですが、運用コストが低いビジネスインクジェット(カラー 8.6円、モノクロ 2.4円)という事でこれにしました。
ホントは、EPSON は紙詰まりが多いので、CANON にしたかったのですが、意外に CANON は、ビジネスモデルが少なくて、安い物はカセット給紙じゃないんですよね。
MG7130 でもいいか...と思ったのですが、何故か、Amazon で在庫が切れていて、しょうがなくこちらに...
今見ると、ちゃんとありますね。一寸失敗したかな?
まぁ、黒1色ではなく、全色顔料なのと、高耐久性 (*) という事なので、そこら辺に期待したいと思います。(^^;;

(*) 耐久枚数2万枚、ビジネスモデルでは最下位だけど、個人向けモデルは耐久枚数の記載が無かったりします。

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse

| コメント(0)
sculpt_ergonomic_mouse.jpg

Microsoft Sculpt Ergonomic Mouse 使ってみました。
奥にあるのは、これまで使っていた、Logicool の、M325 です。
長さは殆ど変わらないけど、横幅が 1.5 倍くらい、高さが倍くらい。
持った感覚は、Wireless IntelliMouse Explorer 2.0 に近いんですが、それより更にサポート感が強く、エルゴノミクス感を強調した感じに仕上がってます。

腱鞘炎サポーター

| コメント(0)

tenosynovitis_supporter.jpg

サポーター (バンテリンサポーター) 巻いてみました。
Lサイズを買ったけど、まだ小さいような。
長時間付けていると親指と人差し指の間が痒く成るのが難点ですが、かなり楽に成ります。
ただ腱鞘炎のような慢性的な痛みは原因が取り除けない以上、痛くて動かさないというのは逆効果らしい。
少々痛くてもムリしない程度でストレッチしたり、筋力を付けたりする必要があるんだとか。

テーブルタップ(和製英語)

| コメント(0)
power_strip_1.jpg

パワーストリップ(power strip)又は、パワーバー(power bar)が正しい表現なんだけど、パワーバーって言われると、プロテインバーを彷彿してしまってダメですね。
パワータップ(power tab : サンワサプライの商品名) 辺りが折衝案としてはいいかも知れない。(^^;;
汚タップを全て、トラッキング火災対策と、サージプロテクタが入ったものに交換しました。

About This Article

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04