2012年10月アーカイブ

M4-CT128M4SSD2(010G).jpg

久しぶりに、Crucial のサイトを見に行くと、010G が公開されていましたので、アップデートしました。
ベンチマークを取得してみましたが、余り変わらないです。
↑ は少し早く成っていますが、たまたまですね。何回か計測するとほぼ同じ値に成りました。
(300 MB/sec を少し超えたので記念にアップ)

もうすぐほぼ一年に成るのですが、TRIM しなくても(ベンチマークに出る程)速度低下は無いし、ファームのアップデートも Mac で問題無く行える、プチフリのような現象はたまにあったのですが、Mac の不具合の可能性も高いし良くわかりません。
ただ SSD の信頼性に対する評価は随分上がった気がします。

リリースノートには、起動時間が短縮されて、消費電力が改善したみたいな事を書いてありますね。
多分HIPM が有効の侭だと、POR が遅く成るから、切ったよという事だと思います。改善なのかな? (^^;;

Release Date: 09/25/2012

Firmware for the Crucial m4 2.5" SSD is being updated from version 000F to 010G.
The m4 is updatable to this new firmware starting from any previous version in a single step.
Do NOT use any other m4 firmware update for your 2.5" SSD such as the 01MG firmware for the mSATA form factor.
Version 010G includes the following changes:
Improved Trim response time
Improved power-on-to-ready time (known as POR, or TTR for Time-to-ready)
Improved resume-time from low power modes, and improved reliability of warm reboot
Improved power consumption by disabling HIPM (Host Initiated Power Management)
Additional details can be found in the firmware guide

掃除機修理しました

| コメント(0)
SANYO 製の SC-X12J という製品です。
この製品は、紙パックの要らないサイクロンなんだけど、国産らしくムダに吸引力が高くて良かったです。
ホース等も太くて頑丈。ホースが破損する前に本体が壊れたのは初めての経験です。
勿体ないので、しりつ修理しました。(^^;;

sanyo_sc-x12j.jpg

...と言っても、電源ケーブルの根元が断線してしまったので、分解してハンダ付けし直しただけです。
ただ、電源ケーブルが接続されているのは、ケーブルリールの内側なので、ケーブルリールを分解しないと修理出来ません。
分解は簡単なのですが、解けたゼンマイを再度きっちり巻くのは骨が折れました。
バネとか撥条は国産が圧倒的にいいなぁ。
(写真撮っとけば良かった)

モリテック スチール

About This Article

このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04