2012年2月アーカイブ

silverstone_nt-05.jpg

Thermaltake の LANBOK Lite は、ヒートシンクの高さが 10cm くらい迄の CPU クーラーしか搭載出来ません。
とても珍しい、サイドフローの CPU クーラー(SilverStone NT-05)を使っていたのですが、負荷の高い処理で突然スリープ、再起動を繰り返す不具合が出てきました。
おそらく熱暴走ですね。orz

scythe_scbsk_2100.jpg

急遽、組み込みにくさで定評?のある、Scythe の大手裏剣 (SCBSK-2100) に交換致しました。
NT-05 でも、ファンコンで強めに設定すれば問題ない事はないのですが、窮屈なサイドフローで小さめのファンだとかなりの騒音なので、仕方ないですね。
チップセットのヒートシンクもオリジナルのものに戻して、ギリギリなんとか収まりました。
CPU クーラーの右側が少し M/B からはみ出るので、ロープロファイルケースでも少し難しい実装に成ると思います。
ただ、組み込み辛さについては、プッシュピンタイプよりは背面ねじで固定の方が楽ですね。
実装中にズレないし。
音も静かで、性能的には全く問題無いのですが、美しくない。
そもそもこのサイズでサイドフローは、爆音覚悟のラックマウントサーバーでもない限りムリだったのかも。(^^;;

About This Article

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04