M4 SSD(CT128M4SSD2) ファームウェアアップデート

| コメント(0)
m4update0309.jpg

Mac mini mid 2011 内蔵の CT128M4SSD2 のファームウェアアップデートを行いました。
ODD は、BUFFALO の DVSM-PC58U2V-WH (USB ポータブル) を使っています。

0009 のファームは 5184 時間を経ると SMART カウンタのバグで不具合が起こるらしい。
これによってデータの破損は起きないけど、再起動しても1時間後に再発するので、0309 へのアップデートを強く推奨するそうです。

M4 のサイトから、iso イメージをダウンロードして来て、"ディスクユーティリティ" を使って、CD-R を作成。
"C" キーを押しながらリブートすると、何やら懐かしい起動画面が現れて、上のようなメッセージが表示されます。
"このドライブのファームウェアをアップデートするか?" と聞かれるので、"yes" と入力。
30秒くらい掛かって、ダメかもと思い始めた頃に "Finished" と表示され、ホッとしました。(^^;;

Intel Mac は、EFI を除けば、中身は普通の PC ですから、当たり前と言えば当たり前なんだけど...
OS は以前は、DOS だったみたいですが、今は、ISOLINUX に成っております。

Firmware updates will enable your solid-state drive to deliver the best performance.

WARNING: The firmware update process is done entirely at your own risk. Before initiating the update process be sure to backup or make copies of all important files. If the firmware process is interrupted your solid-state drive may not function properly.
Downgrading firmware has been suggested by some as a possible fix for various issues. However, doing so will cause the drive to be unusable, and also voids your Crucial SSD product warranty. Please do not attempt to downgrade (a.k.a. down rev) the firmware from version 0006 to version 0002. If you have questions or need assistance, please contact our Technical Support department.

Release Date: 01/13/2012
Change Log:
Changes made in version 0002 (m4 can be updated to revision 0309 directly from either revision 0001, 0002, or 0009)
Correct a condition where an incorrect response to a SMART counter will cause the m4 drive to become unresponsive after 5184 hours of Power-on time. The drive will recover after a power cycle, however, this failure will repeat once per hour after reaching this point. The condition will allow the end user to successfully update firmware, and poses no risk to user or system data stored on the drive.
This firmware update is STRONGLY RECOMMENDED for drives in the field. Although the failure mode due to the SMART Power On Hours counter poses no risk to saved user data, the failure mode can become repetitive, and pose a nuisance to the end user. If the end user has not yet observed this failure mode, this update is required to prevent it from happening.
If you are using a SAS Expander please do not download this Firmware. As soon as we have a Firmware Update that will work in these applications we will release it.

流行っているみたいなので、機械翻訳(infoseek) してみました。

バージョン0002m4直接どちらの改訂0001からの改訂03090002または0009まで更新されることできます作られる変化SMARTカウンターへの誤った反応m4ドライブ5184時間Powerの後感受性が鈍くなる原因になる所でCorrect状態-時間通りであるドライブ力のサイクルの後回復しますしかしこの失敗この着いた後に1時間につき1回繰り返します
状態エンドユーザーうまくファームウェアアップデートするのを許してドライブ格納されるユーザーまたはシステムデータ危険もたらしません
このファームウェアアップデートフィールドドライブのためのSTRONGLY RECOMMENDED
SMART Power On Hoursカウンターのための失敗モード保存されたユーザ・データ危険もたらさない失敗モード反復的になることができてエンドユーザー迷惑配置することができます
エンドユーザーこの失敗モードまだ観察しなかったならばこの最新版それ起こるのを防ぐことを要求されます
あなたSAS Expander使っているならばこのFirmwareダウンロードしないでくださいこれらのアプリケーション働くFirmware Update持つとすぐに我々それリリースします

残念ながら、ちっとも面白くありません。(^^;;

コメントする