2011年8月アーカイブ

御殿場海岸は閑散として...

| コメント(0)
こんな遠くの関西の海水浴場迄風評被害が出ております。
海岸沿いに立ち並ぶ浜茶屋でも、代々ここで商売しているけど、こんな事は初めてだって嘆いていました。
津波が怖いのかな?って言ってましたが、多分。セシウムさんですね。

メディアはまだマシな方なんじゃないだろうか?
今は、ソーシャルネットワークの方が危険ですね。(^^;;
ヒステリックな脱原発派の方があらゆる所でマトモな意見を封殺しております。

  • 政府の云う事なんて信じられない。自分の身は自分で守るしかない。
  • 通販で買って来た線量計には2倍の数値が出た。
  • 定期検査後に再開を容認してしまうと、脱原発は不可能に成る。
  • 自然エネルギーで代替が不能というのは、やってみないとわからない。
  • 今こそ叡智を結集すべき。
軽く見積もっても 1000万戸に、150万で 15兆円。
これだけかけても、原発数基分にしかならないものが、我国の技術力でなんとか成ると考えているなら、根拠を示すべきなんじゃないだろうか?

そもそも我国の技術力って、生産技術と新素材によるカイゼンが主なので、魔法のような技術革新には無縁だったりします。
何年もコツコツ研究を重ねて、効率や信頼性を少しずつ上げる事は出来ても数年で何かを変革するような事は得意じゃない。(既得利権が許さない?)
むしろ、中/韓の方がイノベーションは得意なんじゃないだろうか?
今でも、最高レベルの精度を求める製品は大企業のクリーンルーム...じゃなくて、町工場で作られているけど、永年の勘と経験、積み重ねた工夫以外のものはそこにはないよ。
中/韓が真似出来ないのは、常軌を逸した職人のプライドくらい。(^^;;

放射線の専門家が激白シンポ「一部メディアの過剰反応に異議あり!」

PCSX2 で .hack// を遊んでみた

| コメント(0)
PS2 のエミュレータ(余りにも有名なので、詳細は省きます)
実機の ROM を吸い出して、エミュレーションするソフトウェアなので、互換性は高い。
ただ速度は、そこそこ高性能なマシンで漸く実用に成る程度です。

.hack//SIGN から嵌ったのですが、.hack//SIGN は、単体のアニメ作品としても評価は高いのですが、これ以降面白くない。
Roots なんて、鬱アニメ以外の何者でもないし...
これはひょっとして、.hack シリーズをプレイしていないからなのでは?
と思いまして、PS2 を物色したのですが、PS2 って、コンポジット以外に対応していないんですね。
D4 端子なんて、リビングTV にしか憑いてないし、D4 対応のアプコン本体の値段って、PS2 と大して変わらない。
妻子持ちの私は、自室の PC モニターで(こっそり)プレイ出来ないものは、導入出来ません。(^^;;

MacOS 10.6.8 アップデート

| コメント(0)
installation_macosx.jpg

ソフトウェアアップデートを行ったのですが、アップデート終了後に再起動すると、リンゴマークの下にクルクル回るマークが表示されたまま、待てど暮らせど起動画面から先に進まなく成りました。
強制リセットしても起動しません。
Win の場合は、ハードの異常や、ドライバの相性が疑われるので、とりあえずセーフモードで起動してディスクチェック後、その侭起動すればラッキーだし、そうでなくても、バックアップから復元すれば良い訳ですが、Mac の場合は、ユーザーが簡単に実行可能な障害復旧の手段は余りありません。

  1. Snow Leopard の DVD を挿入して、キーボードの C を押しながら再起動。
  2. インストーラのメニューから、ディスクユーティリィティを選択、起動ボリュームをチェックします。
  3. 異常が見つかれば、バックアップを取って修復を試みます。
  4. 異常が無ければ、インスールを継続するだけです。
  5. クリーンインストールしたい場合は、ここでボリュームのフォーマットをすればいいんですが、流石にそこまでしなくてもその侭インストールを継続すれば大抵起動します。:-)

OS のコンポーネントは全て上書きされて、アップデート前の状態に戻ってしまいますが、アプリや初期設定はその侭なので、インストールに時間は掛かるけど手間はありません。
再度ソフトウェア・アップデートを行うと、今度は色々纏めた MacOS 10.6.8 総合アップデート(1.09GB) に成っていて、無事アップデート出来ました。

Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1

A disk read error occurred

| コメント(0)
厚い保護層の下に溝が刻まれている CD は、簡単には読めなくならないのですが、 有機色素をレーザーで変質させる CD-R は、書き込み出力や、紫外線、熱等で寿命がかなり違って来ます。
また、レーザーで溝を掘っている訳ではないので、色素の品質やドライブの精度によって信頼性も異なります。

ノーブランドのディスクは、書き込み速度を表示より控えめにする等が必要です。
読めないディスクも、Pioneer の高級タイプ等で、読込み速度を下げれば読める可能性がありますが、これも運が良ければ程度ですね。
※ 書き込み直後は読めても、数時間後に読めなく成るディスクもあります。

About This Article

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenIDEnabled! What is OpenID?
Powered by Movable Type 5.04